剛毛の森 ムダ毛をなくす方法とは?

イエティから人間へ!ムダ毛をなくして人生を楽しもう!

すね毛

PHILIPS ボディーグルーマー TT2039 レビュー

DSC_0125
今回紹介する除毛ツールは、PHILIPS ボディーグルーマー TT2039です。

・カテゴリ:除毛
・除毛方法:毛をカットする
・特徴:シェービング、トリミング、防水加工
・付属品:充電スタンド、充電アダプタ、クリーニングブラシ

・商品説明 (PHILIPSのの商品ページより引用)
肌にやさしく密着、快適ボディーグルーミング。

<下記、管理人によるレビュー>
このボディーグルーマーはシェービングとトリミングの両方ができます。
ただ毛を無くすだけでなく、トリミングで毛の量を調節することができます。

この商品は、手軽に除毛できます。
また、家庭用のフラッシュ脱毛器を使用する前の毛のカットや、脱毛エステに行く前の毛の処理などにオススメです。

まずはこのTT2039を写真で見てみましょう。 DSC_0126
写真の右側のヘッドがシェービング部で、左側がトリミング部です。
シェービング部、トリミング部のスイッチは別れて、中央にあります。

DSC_0128
本体裏側。LEDは充電状態の表示の他、使用中に電池が残り少なくなると赤く点滅します。

DSC_0127
シェービング部:上下に上下にも刃が付いており、長い毛のままでもカットしながらシェービングできます。

DSC_0131
トリミング部:コームは5段階に調整可能です。

DSC_0130
トリミング部:コーム設定を「5」に合わせたところ。
コームの設定によるカット長さは、1=3mm、2=5mm、3=7mm、4=9mm、5=11mmです。


では、このTT2039を使って実際に毛を処理してみましょう。

このTT2039の特徴はシェービングとトリミングが1台でできることです。
これにより、トリミングで毛の量の調整、シェービングで不要な毛を剃るという2つのことができます。
その実例を、私のすね毛の剛毛で試してみましょう。


まずは処理前の左足のすねです。(剛毛過ぎて見苦しいのですが…) DSC_0113


それではまずはトリミング部のコームを「5」にセットして、毛を11mmにカットしてみましょう。

DSC_0148
11mmにカット後。
見た目はそれほど変化無いように思いますが、長い毛がぴょんぴょん飛び出していたのがカットされて、若干すっきりと見えます。


では次にトリミング部のコームを「4」にセットして、毛を9mmにカットしてみましょう。 DSC_0156
9mmにカット後。
毛濃ゆさが少し抑えられてきましたね。


では次にトリミング部のコームを「3」にセットして、毛を7mmにカットしてみましょう。 DSC_0163
7mmにカット後。
さらに毛が少なくなりました。


では次にトリミング部のコームを「2」にセットして、毛を5mmにカットしてみましょう。 DSC_0169
5mmにカット後。


では次にトリミング部のコームを「1」にセットして、毛を3mmにカットしてみましょう。 DSC_0174
3mmにカット後。
だいぶ剛毛が目立たなくなりましたが、逆にカットした毛が目立っていますね。


処理前と処理後を比較してみます。
DSC_0113
処理前のジャングルが…

DSC_0174
ここまですっきりしました。
しかし、短くカットした毛が逆に目立つので、7mmまでが自然な感じになるんじゃないでしょうか。


次にシェービングを試してみます。
トリミングを検証した左足で、そのままシェービングを試してみました。 DSC_0180
シェービングした部分があっという間にツルツルに。
前述しましたが、シェービングヘッドには上下にカット刃が付いているので、トリミングしていなくても長い毛のまま直接シェーバーヘッドできます。
先にトリミングしといた方が効率的ですけどね。


今回、私の剛毛を使ってこのボディーグルーマーTT2039のトリミングとシェービングを試しました。
やはりトリミングとシェービングを両方できるところが、この製品の最大の売りであり、ムダ毛の見た目を調整することができるところがグッドです。
防水加工がされているので、ムダ毛を処理してそのまま毛を洗い流せるのもいいですね。
ブラシをかけてもなかなか綺麗にお手入れできないですから。

このボディーグルーマーTT2039は間違いなくオススメできる製品だと思います。
お試しあれ\(^o^)/

<管理人オススメ度> ★★★★★






完全に毛を無くしたい方は、フラッシュ脱毛器のケノンもチェック!

管理人プロフィール ~私と脱毛~

bigfoot-542546_640

初めまして、当サイト管理人のウリ坊と申します。
私は30代前半の男性です。

私はずっと自分の剛毛のムダ毛に悩んできました。
女性に限らず、男性だってムダ毛に悩む人もいるんです。

私の手足の毛が濃くなってきたのは、中学生の第二次性徴期でした。
男性ホルモンが優位になったためか、体中のあらゆる場所から太い毛が生えてきました。

男にすね毛、腕毛、胸毛、そんなものはあって当たり前です。
無いと思う人であっても、よく見ると細い毛がたくさん生えていると思います。
ですが、私の毛は大変困ったことに一本一本が極太だったのです。
いくら男であっても、ものすごく目立ってしまいます。

日に日に濃く成長していくムダ毛、あまりにも太くたくましく成長してしまったムダ毛を思春期の人間がどうにかしたいと思わないはずはありません。
そして、初めて手を出してみたのが、シート状の脱毛テープでした。
それは確か、シートに粘着性のクリームを塗って、ムダ毛を処理したい場所に貼り、引っ張ってムダ毛を抜くものでした。
しかし、すぐにシートが毛で埋まり、少ししかムダ毛を処理することができませんした。
そこで、除毛クリームや脱色剤などいろいろと試してみました。
しかし、思ったような成果が出ませんでした。

それでも、なんとか無理矢理自分の毛を処理するのですが、男性のムダ毛処理は女性のムダ毛処理よりも遥かに難易度が高いです。
というのは、元々太くて処理しにくいことに加えて、処理し過ぎてツルツルになるとかえって目立つということなのです。
女性はムダ毛を処理している人が多いのでムダ毛は駆逐すればいいのですが、男でツルツルすぎるのはかえって不自然なのです。
ムダ毛を目立たないように処理しつつも適度に残し、なおかつ不自然さを出さないように演出するのは非常に難しいのです。
最近は、男性のムダ毛処理も広がってきているらしいので、昔ほどではないにしても、同じようなことで困っている人も多いと思います。
本当に、なぜムダ毛なんてものがあるのだろうか…。


「ムダ毛」という言葉の通りに、手足や胸、ヒゲなど、あっても何のメリットもなく、まさに無駄に生えている毛です。
しかもメリットが無いだけでなく、デメリットは計り知れません。
そのムダ毛のために肌を晒すのを躊躇したり、酷いケースになると人との接触さえ避けてしまうこともあるでしょう。
恋人など、好きな異性と一緒にいる場合は特に気にしてしまうものです。

男性の髭も英国紳士のようにカッコいい髭ならいいですが、日本社会ではヒゲを生やしている人はそれ程多くはありません。
ましてや企業に勤めている人ならば、毎日ヒゲを処理することが求められるでしょう。
しかし、ヒゲが濃い人は処理するほどに剃り跡が青々として見た目も悪いですし、毎日のヒゲの処理は肌を痛める結果につながります。
毎年買い換える電気シェーバーや、消耗品のカミソリ、女性の化粧には及びませんが、ヒゲ処理にも時間や費用がかかっているのです。

そんなデメリットだらけのムダ毛ですが、果たしてムダ毛を撲滅する方法はあるのだろうか?
私が試してきた脱毛方法・除毛方法を中心に、ムダ毛を排除する方法を紹介していこうと思います。

男性目線の内容ではありますが、私ほど剛毛な人は女性にはいないと思います。
男性に効果があるものならば、女性にも必ず効果があると思いますので、女性にも参考にしていただけたら幸いです。


 
ギャラリー
  • 全身脱毛53ヶ所 今なら最大2ヶ月0円に! 魔法の脱毛サロンC3
  • PHILIPS ボディーグルーマー TT2039 レビュー
  • 脱毛器 Panasonic ソイエ soie ES2067P レビュー
  • 脱毛器 Panasonic ソイエ soie ES2067P レビュー
記事検索
QRコード
QRコード
楽天市場
Amazonライブリンク